【2023年以降】廃止予定の鉄道路線

廃止廃線予定

廃止が決まっている路線をまとめました。

広告

2023年以降の時系列

まず、事実上廃止が決まった路線の、今後の予定を時系列順にまとめました。

これらは報道ベースであり、廃止の繰上げなど、変更になる可能性も十分考えられます。

廃止が決まった路線の今後
  • 2023/3/31
    留萌本線/石狩沼田〜留萌(35.7km)最終運行

    廃止されました

  • 2023年夏
    「日田彦山線BRTひこぼしライン」開業

    日田彦山線/添田〜夜明(29.2km)廃止

  • 2023年末
    スカイレールサービス 広島短距離交通瀬野線(1.3km)最終運行
  • 2024年3月末
    根室本線/富良野〜東鹿越(40.2km)最終運行

    根室本線/富良野〜新得(81.7km)廃止

  • 2025年春
    広島電鉄/広島駅〜的場町 最終運行

    ※ルート切り替えに伴う廃止

  • 2026年3月末
    留萌本線/深川〜石狩沼田(14.4km)最終運行

  • 北海道新幹線札幌延伸前
    函館本線/長万部〜小樽(140.2km)最終運行

廃止決定

JR留萌本線(石狩沼田〜留萌)

北海道全体の地図を開く

基本情報

運営JR北海道(北海道旅客鉄道株式会社)
路線留萌線(留萌本線)
区間石狩沼田〜留萌(35.7km)非電化
輸送密度(全線)90人/日 (2021年)
状況廃止届提出済(令和4年9月9日)(運行中)
廃止の日の繰上げ(令和4年12月1日)
今後の予定
  • 2023年3月31日
    石狩沼田〜留萌(35.7km)最終運行

    最終運行終了

  • 2023年4月1日付
    石狩沼田〜留萌(35.7km)廃止
  • 2026年3月末予定
    深川〜石狩沼田(14.4km)最終運行
  • そのあと
    深川〜石狩沼田(14.4km)廃止

・かつての特定地方交通線並みの輸送人員でしたが、長距離利用が多かったため廃止を免れました。

・年々利用客が減る中、2020年には「深川留萌自動車道」が開通したこともあり、利用客も減少しており、このたび廃止となります。

・留萌市が廃止を受け入れた一方で、沼田町などは留萌〜石狩沼田は存続に向けて動いていましたが、この区間は3年後に廃止となりました。猶予期間でバス路線を整備する予定です。

ニュース

・3月18 日~30 日の13日間は全列車1両増結し2両(キハ 54 形)で運転。

・最終運行日(3月 31 日)は全列車3両増結し4両(キハ 54 形1両+キハ 150 形3両)で運転。

・留萌市、沼田町をイメージした「ヘッドマーク」を最終運行日(3月 31 日)に装着。

※都合により他の車両に変更となる場合あり。

JR日田彦山線(添田〜夜明)

基本情報

運営JR九州(九州旅客鉄道株式会社)
路線日田彦山線
区間添田〜夜明(29.2km)非電化
状況BRT転換合意済、工事中(既に長期運休中)
今後の予定

2017年の九州北部豪雨により被災し、長らく運休しています。

・この路線跡を一部活用し、BRT路線(バス高速輸送)に転換されることが決定しました。

・4キロ以上ある釈迦岳トンネルの区間は、並走する道路だと大きく迂回するため、時間短縮が図れそうです。

ニュース

スカイレールサービス(みどり口〜みどり中央)

基本情報

運営スカイレールサービス
路線広島短距離交通瀬野線
区間みどり口〜みどり中央(1.3km)
状況バス転換・廃止合意済(運行中)
今後の予定
  • 5/3(水)
    5/4(木)
    工事による運休
  • 2023年末
    最終運行・廃止

・坂の上の新興住宅地まで一気に駆け上がる、「レール付きのロープウェイ」。この車両は全国唯一。モノレールに近く分類されるため、全国の鉄軌道路線を制覇しようとする鉄道ファンが多く訪れます。

・普段は、住宅街の住民しか使うことがなく、採算は決して取れない状況全国唯一の規格がゆえに、老朽化した設備の更新には多額の費用がかかるため、バスに転換されることとなりました。

全国に広まらず独自規格となった路線は、更新費用が高額になる実態はあります。千葉県の山万ユーカリが丘線は、現在は広告塔的な役割も担っていますが、今後も維持されるのか注目されます。

JR根室本線(富良野〜新得)

基本情報

運営JR北海道(北海道旅客鉄道株式会社)
路線根室本線
区間富良野〜新得(81.7km)非電化
輸送密度50人/日 (2021年)
東鹿越〜新得(41.5km)は既に長期運休中
状況廃止正式合意済
※上落合信号場〜新得(24.1km)は石勝線として存続
2024年3月末に廃止。
今後の予定
  • 2024年3月31日
    富良野〜東鹿越(40.2km)最終運行
  • 2024年4月
    富良野〜新得(81.7km)廃止

かつては多くの列車が行き交っていた根室本線ですが、石勝線の開業で多くの列車が新夕張経由となったため、この富良野〜新得はローカル線になっています。

災害により不通となっていますが、周辺道路も整備されており、観光タイプの車両を用いる代行バスで快適に移動できる現在、多額の費用をかけてまで復旧する意味が薄れてきたため、JR北海道はバス転換の方針を明らかにしています。

・2022年1月に沿線自治体が存続を断念し、2023年3月6日に首長会議を開催、3月30日にJR側と正式合意しました。2024年3月末で廃止予定です。

ニュース

JR北海道根室線の富良野―新得間(81・7キロ)の廃止問題で、同区間沿線や周辺自治体の首長が30日、JR北海道の綿貫泰之社長と会談し、JR北が提示した同区間の「2024年3月末廃止・バス転換」に同意した。

朝日新聞デジタル 根室線新得―富良野間、24年3月廃止・バス転換で合意 JRと地元https://news.yahoo.co.jp/articles/3072ff1d8fe8870b5d3b4521a42c931b8dbf2898

広島電鉄(広島駅〜的場町)

今後の予定
  • 2025年春
    広島駅〜的場町(0.5km)最終運行
  • 2025年春
    駅前大橋ルート(広島駅〜比治山町交差点)開業

広島駅高架乗り入れ(駅前大橋ルート)に伴い、旧ルートが廃止予定です。

JR留萌本線(深川〜石狩沼田)

基本情報

運営JR北海道(北海道旅客鉄道株式会社)
路線留萌線(留萌本線)
区間深川〜石狩沼田(14.4km)非電化
輸送密度(全線)90人/日 (2021年)
状況廃止合意済(運行中)
今後の予定
  • 2023年3月31日
    石狩沼田〜留萌(35.7km)最終運行
  • 2023年4月1日付
    石狩沼田〜留萌(35.7km)廃止
  • 2026年3月末予定
    深川〜石狩沼田(14.4km)最終運行
  • そのあと
    深川〜石狩沼田(14.4km)廃止

留萌〜石狩沼田の廃止に遅れること3年、留萌本線は全線廃止となり、長い歴史に幕を閉じます。

・留萌〜石狩沼田の廃止前に惜別乗車が集中すると予想されるため、この区間の廃止は静かに終わりそうです。

JR函館本線(長万部〜小樽)

基本情報

運営JR北海道(北海道旅客鉄道株式会社)
路線函館本線
区間長万部〜小樽(140.2km)非電化
輸送密度340人/日 (2021年)
状況廃止合意済(運行中)
備考新幹線の並行在来線
今後の予定
  • 北海道新幹線札幌延伸前
    長万部〜小樽(140.2km)最終運行

    ※倶知安町の要望で繰上げて廃止する可能性あり

  • 2030年度末以降
    長万部〜小樽(140.2km)廃止
    北海道新幹線 新函館北斗〜札幌 開業

    ※新幹線工事の難航により、開業が遅れの可能性があり

いわゆる「山線」と呼ばれるローカル線の区間です。かつては特急も走っていましたが、現在は「海線」と呼ばれる苫小牧(室蘭本線)経由で運行されています。

・近年、新幹線が開業すると、JRが並行する在来線の経営から撤退できるルールがあります。大抵の場合、地元自治体が以降の運営を引き受けますが、利用者が少ないこの区間は、地元自治体が引き受けることはなく、廃止となります。

貨物輸送がなく、旅客輸送も途中駅の利用客は少ないため、新幹線+バスで代替されます。

新幹線駅が開業しない余市町は反発し、比較的利用客のいる余市〜小樽の存続を目指しましたが、多額の運営費用を余市町では負担しきれずやむなく廃止となりました。

・なお、2000年の有珠山噴火による室蘭線被災時は、迂回ルートとして役立ちましたが、あれから20年が経過し、設備が縮小したいま、迂回ルートとしては役立たないとされています。

・倶知安町は、新幹線開業に向けての駅整備を円滑に行うため、時期を繰上げての廃止を要望しており、廃止時期は見通せません。(朝日新聞

廃止が危ぶまれる路線

1ページに掲載するには路線数が多すぎたため、こちらの記事に分割しました。

画像は、「国土数値情報(鉄道データ)」(国土交通省)(https://nlftp.mlit.go.jp/ksj/gml/datalist/KsjTmplt-N02-v2_3.html)を加工して作成

コメント